病人に対するイメージ

昨日、人と話をしていて、
「病気なのに、そんなことをしているんですか
と驚かれることはありますか?」と聞かれました。

 

あまり思い当たらないのですが、逆に
普通に仕事をして趣味も楽しんでいるので

 

「えっ、難病なんですか?!」と
驚かれることはよくあります(汗)

 

でも、この方が好ましいと思っています^^

 

「難病なのに、いくつも仕事をして、
すごい」と言われることもあります。

 

世間一般の意識としては、難病の人は具合が悪くて
家で療養するか、入院していると思っているのかも…

 

でも、そんなことはないんです。

 

具合が悪いときには療養しているけど、
難病でも体調が良いときはあって、

 

わたしたちは、なるべくその良い状態を
長く維持しようとしているのが現実。

 

健常人ほどではないとしても、病人でも
元気なときはあるんです(*^_^*)

 

だから、病気があっても、ハンディがあっても
普通に暮らしていく。

 

それが理想だと思っています(*^_^*)

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ