五体不満足

病気と障害は違うけれども、
難病になると、似ている点もあります。

 

ということで、こんな本を紹介されました。

 

五体不満足

 

15年くらい前の本ですが、
いまだに売れ続けているそうです。

 

多様性ということ、心の持ち方、
障害を持つ方への接し方など
いろいろなことを考えさせられました。

 

わたしのように難病の患者さん、病気の方にも
参考になることがありますし、

 

病気でない人にも、障害者や病人を理解する
のに役立つ本だと思います。

 

 

 

 

 

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ