日本の初の女医

テレビで日本で初めて女医になった
荻野吟子さんのことを見て、

 

彼女のことを書いた小説を読んでみました。

 

花埋み

 

わたしたちも、場合によっては女医さんの方が
言いやすかったり、安心できることがあります。

 

そんな女医さんの先駆者、道を切り開いてくれた
荻野さんの一生は決して平たんではありませんでしたが、
そのお蔭で、後に続く女医さんたちが生まれたのです。

 

病気の人にも、そうでない人にも、一度読んで
いただきたい一冊です。

 

 

 

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ