のど飴で風邪予防

のど飴というと、のどが痛いとき、イガイガするときに
なめるものだと思っていませんか?

 

それでも構いませんが、意外な使い方があります。

 

それは、人込みに出るとき、
空気が乾燥しているときになめること。

 

飴をなめてると唾液が常に出てくるので
のどの保湿になります。

 

その上、飴をなめているときには、
自然と口を閉じるので、鼻呼吸になるんです(^_^)v

 

つまり、飴をなめていると
二重の意味での風邪予防になるという訳。

 

わたしはいつも、外出するときには
のど飴を忘れないようにしています。

 

ただし、糖分過多にならないように、
飴を買うときには、シュガーフリーのものを
選ぶのがポイント(*^_^*)

 

飴をなめていると持続的に唾液が出るのは
いいのですが、水分補給にはならないので、

 

水を飲むのと合わせて、風邪予防をしたいですね~。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ