余力を残す

スケジュールがつまっていると、病気や体調のことを
心配しつつも、つい無理をしがちです。

 

でも、目いっぱいやりすぎてしまうと、ある日突然、
がっくり倒れて、入院ということにもなりかねません。

 

そこで、わたしが気を付けているのは、なるべく
やりすぎず(これは結構難しいのですが(汗)

 

余力を残しておくこと。

 

「まだ大丈夫」と思っても、一歩手前でやめておいて
体を休めるようにするんです。

 

その余力があると、風邪もひきにくくなるし、
一日の疲れもとれやすくなります。

 

体だけでなく、心の余裕も出てきますよ~(^_^)v

 

先日は、おつきあいで夜遅くなり、疲れを翌日に
持ち越してしまったら、回復の遅いこと…。

 

これはいけないと思って、翌日は早目に眠って
ようやくいつもの調子を取り戻しました。

 

ずっと調子の良い日々を過ごすための
キーワードは、「余力」だと思っています。

 

 

 

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ