骨粗しょう症にならないために

ステロイドの副作用の一つに、骨粗しょう症があります。

女性は特に、年齢を重ねてくると、ホルモンの関係で

骨が弱くなると言われていますね。

 

骨粗しょう症になってしまうと大変なので、

その予防としては、まず、カルシウムやミネラル、ビタミンD

などの栄養を十分にとることが必要とされています。

 

それに加えて、簡単にできてお勧めなのが

かかと叩きです。

 

木槌のようなもので、コンコンとかかとを後ろから叩くと、

全身の骨の骨芽細胞に電気ショックが与えられて

活性化するとのこと。

 

この打撃の刺激によって、血液の中のカルシウムやマグネシウムを、

骨の中にとりこむことが可能になります。

 

骨にコツコツといった響きを伝えるように

適度な強さでたたくのが良いとされています。

 

この方法で、骨粗しょう症が改善した人の実例もたくさんあります。

簡単なので、ぜひやってみてくださいね。

 

そして、カルシウムがあるからと、骨粗しょう症予防のために

乳製品をとるのはやめましょう。

 

 

 

 

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ