ステロイドを勝手にやめると

おとといの記事にも書きましたが、
ステロイドは使い方が肝心なので

 

自分で勝手にふやしたり、やめるのは
厳禁です!

 

特に、長期間内服している場合などは、
自分の副腎皮質ホルモンが作られていないので

 

それを勝手にやめたりすると、ショック状態に
なったり、瀕死の状態になることも…

 

先日、18年間ステロイドを飲んでいたのに
全部やめたら、起きることも、歩くことも、
物をつかむこともできなくて、寝たきりになった人がいました。

 

幸い、2日くらいすると徐々に治ってきたそうですが、
体にとって、どれだけダメージが強いかが
おわかりいただけると思います。

 

他にも、副作用が嫌だと、内服するのをやめたら
ショック状態になってしまって、呼吸を確保するために
気管切開をした人もいます。

 

お医者さんでも、慣れない人は上手に使えないくらい
扱いが難しい薬なのです。

 

わたしのように、長年ステロイドを飲んでいると
副腎皮質ホルモンが出なくなっているので、

 

正常な人なら、ストレスがかかるとホルモンが出て
対処できるところが、ホルモンが出ないから
対処できなくて、大変なことになってしまうのです。

 

くれぐれも、ステロイドを勝手に中止するのは
やめてくださいね。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ