医師、薬とどう向き合うか

このブログでは、「自分の健康は自分で作る」と

書いていますが、

 

 

誤解のないように言うと、病院に行かないとか

薬を飲まない、というのとは違います。

 

 

特に、すでに病気と診断されている方は

お医者さんからの薬を勝手にやめるのは要注意!

 

 

わたしが飲んでいるステロイドのように、

勝手に減量したり、やめると生死にかかわる薬もあるからです。

 

 

わたしは、西洋医学を否定している訳ではありません。

自分自身も、病院に通院し、薬をもらって飲んでいます。

 

 

ただし、それにだけ頼る生活は、だいぶ前からやめました。

 

 

生活習慣を改善したり、自然療法を取り入れたり、

さまざまなことを試しています。

 

 

ここにも注意点があって、現在飲んでいる薬や

病状、体調によって、やっていいことと、

かえって良くないことがあります。

 

 

これは、一人一人によって違うので、

信頼できる専門家の意見を聞きながらやるのがベスト。

 

 

もし、意見を聞ける人がいない場合は、

いきなり新しいことがガンガンするのではなく、

最初は様子を見ながら取り入れてみて、

 

 

自分に合うようなら、続ける。

合わないものはやめる。

 

 

そんなスタンスでやっていくのがいいと

わたしは思っています。

 

 

ただし、好転反応というものがあるので、

その辺の見極めがむずかしいですね(汗)

 

 

いまは、情報が氾濫し、さまざまな健康食品や療法、

ヒーリングなどがありますから、

 

 

その中から、いかに自分に合うものを見つけるかが

大切だと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ