寝てばかりいてはだめ

具合が悪いときには、運動どころではありませんが、
体調がよくなってきたら、寝てばかりいるのは
お勧めできません。

 

というのも、寝ていると、筋肉や内臓など
いろいろなところが衰えてしまうから。

 

病状が回復してきたら、起き上がっている時間を
増やすだけでも、血流が違ってくるそうです。

 

もっと良くなったら、近所を散歩してみるとか、

 

通院するときには、車でなく徒歩と電車でいくとか

 

自分の体調に合わせて、無理のない範囲で、
体を動かしましょう(^O^)/

 

走ったり、スポーツをしなくても、
毎日、歩くだけでも鍛えられます。

 

病気が悪くなったときにも、体力がある方が
回復もはやいというもの。

 

それに、外に出るだけで気持ちがいいし、
刺激も受けるし、心にも◎です(^_^)v

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ