心ない言葉

先日、こんなことを言われました。

 

「難病だって頑張ってる人はたくさん知ってる」
病気を言い訳にするなということだと思うのですが、

 

これはまさに、健常者の見方ですね(><)

 

確かに、頑張っている人はたくさんいます。

 

でも、その人たちも、自分の病状と折り合いを
つけながら、頑張っている筈。

 

しかも、病気もその状態も、一人一人違うんです。

 

難病をもっている限りは、病気を無視しては
生きていけないことをわからない人が
冒頭のようなことを言うのだと思います。

 

病気を言い訳にするのではなく、厳然たる事実だから
なんであっても、体を壊すまではできないし、
無理がきかないのが実情です。

 

でも、元気そうに見えると、「これ以上やると
がくっと病気が悪くなる」と思って、そこで
ペースダウンしようとすると、病気を言い訳に
逃げると言われてしまいます。

 

目に見えて病気が悪くなっていないうちは、
どこまでやって大丈夫なのかということは、
本人にしかわからないこと。

 

その手前で止めておかないと、結局は入院などになって
やっていることを中断して、他人にも迷惑をかけることに
なってしまいます。

 

だから、その加減を見極めて、いかに良い状態を保つか。
難病の人たちはそうして生きているんです。

 

そこまで思いやるのは難しいと思うけれど、
せめて、心ない言葉はやめてもらいたいですね。

 

 

 

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ