感情が体に与える影響

心と体は一体といいますが、
本当にそうだな~と思える話を聞きました。

 

わたしも病気は、ストレスが大きくなると
悪化してしまいます。

 

ストレスと感情は別物のように考えていたのですが、
ねたみ、怒り、執着、頑固、自己否定などから
強いストレスが作られるそうです。

 

そういうネガティブな意識や感情があると、
“瞬時”に血液がドロドロなるのだとか。

 

怖いですね~(><)

 

そういえば、激しい憎しみ、恨みが積もり積もると
癌になるという話もあります。

 

わたしの親友が、まさにその通りでした。
その会社の人たちも、同じでした。

 

こういうことを合わせると、いつも明るい心で
楽しく生きたいものだと、つくづく思うのでした。

 

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ