特定疾患の医療費助成

難病のうち、特定疾患に指定されている
病気の患者さんは、医療費の助成が受けられます。

 

病院で診断されたときに、たいていは
そのことを教えていただけるとは思いますが、

 

万一、知らない方のために、そのことを
書いておきたいと思います。

 

全身性エリテマトーデス(SLE)は、幸い
医療費助成を受けられる特定疾病なので、

 

SLEと診断されたら、住んでいる所の保健所か
都道府県疾病対策担当課に、手続きに必要な
書類はなにかを確認しましょう。

 

必要書類をそろえたら、都道府県疾病対策担当課に
申請をして、それが承認されると、医療受給者証
(医療券)が送られてきます。

 

SLEで治療を受けている病院で支払いの際に、
その医療券を出すと、自分で払うのは、医療券で
決められた額だけでよくなります。

 

検査や高価な薬を使うときなどは、本当に助かります。

 

病院に行くときには、保険証と一緒に、医療券が
必需品になります(*^_^*)

 

ちなみに、自己負担額は、収入や病気の重さ(重度認定を
されているかどうか)、通院か入院かで変わってきます。

 

細かいことは、自治体によって異なるので、
わからないことがあれば、ご自分の住んでいる所の
疾病対策担当課に問い合わせましょう。

 

お役所というと堅苦しいイメージがあるかもしれませんが
親切に対応してくれるので、安心してください。

 

難病情報センターのホームページにも解説があるので、
参考になります。
http://www.nanbyou.or.jp/entry/1725

 

 

 

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ