病人に接するとき

一口に病人といっても、状況はいろいろですが、
普通に生活している方と接するときには、
あまり病人扱いしないのがお勧めです。

もちろん個人差があって、人によっては、
病人として、労わられたいという人もいるでしょうが(^-^;

健常者と同じように仕事をしたり、
活動をしている方ならば、病人扱いして
特別に接するよりも、わたしの経験からは、

普通に接して、困ったことがあったら手伝うとか
あまり疲れないように、配慮するとか、

“さりげない気遣い”をするのが、
いいのではないかと思います。

周りに病人がいないと、どのように接していいか
わからないという方もいるようなので、

参考までに書いてみました^^

また、ご本人から話すさない限り、
病気のことを根掘り葉掘り聞くのは厳禁です。

プライバシーは大切にしたいものですね(*^_^*)

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ