病気と闘わないということ

病気と闘わないというと、治療などもすべて
拒否するのですか? と聞かれることがあります。

 

もちろん、そんなことはありません(汗)

 

病気に対する、適切な治療や処置は
必要だと思いますし、わたしも受けています。

 

「闘わない」というのは、あくまで
気持ちの問題です。

 

病気=悪いもの と思うから、「闘う」
「負かす」という考え方になるのでしょうが

 

病気は悪いものではなく、体の不調を教えてくれる
大切なサインだととらえれば、「闘って打ち負かす」
という発想は出てこないのでは?

 

悪いところをお知らせしてくれて、
その部分と戦ってくれている病気に、
「頑張れ~!}と声援を送る。

 

病気と闘わない生き方というのは、
わたしのそんな気持ちを表しています。

 

 

 

 

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ