病院を選ぶとき

患者にとって、病院選びは大切ですね。
特に、重い病気のときにはなおさらです。

 

わたしの場合は、発病当時(まだ難病とはわからない時)
親戚の知り合いがいるということで、今の病院に
かかりました。

 

病歴が長いと、よほどのことがない限り、転院の
メリットは少ないので、はじめに、どこにかかるかが
大切になってきます。

 

昔は、インターネットもなく、情報収集もできないので
今は恵まれているといえるかもしれません。

 

病気別に”名医”を特集している本も出ています。

 

ただ、こういう本もどれだけ本当のことを書いているかは
怪しいと言わざるをえません。

 

というのも、知り合いの膠原病の専門医が
ある本の発売当時、たまたま勤務していた病院が
アルコール中毒に強かったために、
アルコール中毒の名医として紹介されていました(汗)

 

もちろん、アルコール中毒は専門外です(><)

 

他にもこういう例をよく聞くので、その本を作っている
編集部または担当者がどれだけ専門知識をもっているか
きちんと専門家に取材しているかで、

 

本、その他の情報の信ぴょう性は変わってきます。

 

おそらく、専門医にどの先生が名医かと部外者が聞いても
本当のところは話してくれないと思うので
(例えば、そこの教授があまり良くなくても、そうは言いません)
一般に公開されている情報は、あまり信用できないと
思うくらいで、ちょうど良いのではないでしょうか。

 

一番いいのは、信頼できる医師に、その専門分野で優れた
医師を紹介してもらうことです。

 

今は、病院の口コミサイトもあります。

 

ただし、患者さんは医療の善し悪しの客観的な
判断はできないので、

 

あくまで、スタッフの対応やサービスの善し悪しの
参考にしかなりません。

 

大きな病院だと、診察してもらう医師によって
診療内容も対応も、全然違います。

 

それは、長年、身をもって体験してきました(><)

 

例えば、このサイトの虎の門病院の口コミ
見たところ、書いた方はひどいと思われたようです。

 

でも、わたしの父はずっとこの病院にかかっていますが
本人も家族も、とても良い印象をもっています。

 

一人の意見では判断基準にならないし、
あくまで、そういうことがあったんだな、という
参考程度にしかなりません。

 

それに、口コミサイトに書きこむ方の多くは、
不満をもっている方です。

 

とても良いと思っていて書く方もいらっしゃいますが
どうやら、少数派のようです。

 

全員が書いているのなら、良いのか悪いのか比率が
つかめますが、

 

満足している人たちの多くが書いていないとすれば
客観的には判断できないということになります。

 

病院選びは寿命にも関係があるといわれるくらいなので
選ぶときには、専門家の意見を聞くのが一番ですね。

 

そうすれば、内情などもわかります(^^ゞ

 

 

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ