落ち込んだときには

昨日は、心の持ち方が病気にも
大きくかかわると書きましたが、

 

具合の悪いときには、落ち込んでも
仕方がありません(^-^;

 

そんな時には、窓から外をながめましょう。

 

それも、空を見るのがお勧め!

 

心が縮こまっているときには、
空のように大きなものを見ると
自分の問題が小さいことに思えてきます。

 

もし、外に出られる状態なら
上を向いて、空を見てください。

 

不思議なことに、上を向いていると
心が沈まないんです。
(病床に寝た状態で、上を見るのは
また別ですが…(汗)

 

立ったまま、または座って空を見上げるか
芝生などに寝転んで、空を見ましょう。

 

広い広い宇宙の中では、自分の病気のことも
ちっぽけな一点にすぎません。

 

つかの間でも、そう思えると、次につながります^^^

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ