薬と毒

薬というと、良い効果を思い浮かべませんか?

 

少なくとも、薬を飲むと、何かの症状が治るとか
病気が治ると思いますよね~。

 

でも、薬にも副作用があり、それは心身にとって
良いものではありません(><)

 

もっといえば、良いといわれる薬も、量や使い方次第では
命とり、つまり毒になってしまいます。

 

逆に、幻覚剤になる麻黄は、漢方薬にもなりますし、
爆薬に使われるニトログリセリンも、心臓の薬になります。

 

薬も毒も紙一重。
使い方次第、という訳です(*^_^*)

 

薬はなるべく飲みたくないという人、
薬は毒だから飲むなという人は、

 

薬の良い作用も見る目を持つ必要がありますね!

 

 

 

 

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ