頑張らなくてもいい

このブログでは前向きなことを発信していますが、
病気だと、当然、調子が悪いこともあります。

 

そんなときにも、ポジティブ全開でいくのか?

 

いえいえ、決してそうは言いません。

 

というか、無理だと思います(汗)

 

具合が悪いときには、どうしても
病気のことばかり考えて、
悪い方へ悪い方へと想像しがち。

 

深刻に具合が悪ければ、
考えることさえできません。

 

わたしも、ずっと調子が良かったのに、
先週は具合が悪くて、不安の塊になっていました(><)

 

体と心は一体だから、体が弱っているときは
それが自然の反応なんです。

 

悪いことばかり想像して不安がいっぱい
というときには、

 

わたしは「今、体が良くなろうとして
闘ってくれているんだな」と思うようにしています。

 

それ以上のことは、あえて頭からシャットアウト!

 

仕方がないので、現状を受けとめるという訳です。

 

そうしているうちに、少しずつでも体調が回復
してくれば、現金なもので、「○×が食べたい」とか
「□▽の本が読みたい」とか、欲が出てきます。

 

そうしたら、しめたもの!!

 

後ろ向きだった心も前に向いていくから不思議です。

 

だから、具合の悪いときに、無理に頑張らなくてもいいんです。
そう思うだけでも、少し気が楽になりませんか?

 

あなたはもう、十分に頑張っているんだから、
自分をほめてあげてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ