カルシウム・パラドックス

昨日の続きになりますが、カルシウム・パラドックス
という言葉を聞いたことがありますか?

 

乳製品をたくさんとる国の人は骨粗鬆症が多い
という研究が、ハーバード大学のヘグステッド博士に
よって発表されました。

 

アメリカやニュージーランド、スウェーデンなど
乳製品を多くとる、カルシウム摂取量の多い国ほど
骨粗鬆症による大腿骨頚部骨折が多いとのこと。

 

これをきっかけに、牛乳を飲んでも骨粗鬆症予防に
ならないことがわかってきたのです。

 

カルシウムは摂りすぎても、足りなくても
だめな栄養素なので、

 

牛乳を飲んでだめなら、サプリでたくさん
カルシウムを摂ろうという短絡的な発想は危険です。

 

 

 

 

 

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ