チョコレートで脳を活性化

今日はバレンタインデー。

 

チョコを贈ったり、もらったりする方が
多いのではないでしょうか。

 

 

 

チョコの健康効果については、いろいろとありますが、

 

その中に、脳を活性化する、というものがあります。

 

チョコには、大脳皮質を刺激して、集中力や記憶力、
思考力を高めて、やる気を出す、テオブロマという
成分が含まれています。

 

脳のエネルギー源となるブドウ糖もあり、

 

チョコに特有の香りは、中枢神経系に作用して
集中度を向上させるといいます。

 

チョコに含まれるビタミンやミネラルも脳の代謝に必要です。

 

ミルクと砂糖の多いミルクチョコよりも、
カカオマスの含有量が多いビターチョコの方が
カテキンやポリフェノールを補えるとのこと。

 

チョコレートの健康成分が血中に残るのは2時間程と
いわれているので、少量ずつ、時間をずらして食べましょう(^_^)v

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ