七夕に食べるもの

七夕の日には、そうめんを食べる習慣が
あるのをご存じですか?

 

昔は、「むぎなわ」というお菓子を食べていたそうですが、
これを中国では「索餅(さくべい)」といい、それが
「そうめん」になったそうです。

 

昔、中国で7月7日に亡くなった子どもがいて、
その後熱病が流行ったことから、病よけとして
その子の好きだった索餅をお供えして、食べるようになった
という言い伝えもがあります。

 

そうめんを食べる由来は、病よけの意味があったんですね!

 

今年は、病よけの祈りを込めて、七夕にそうめんを
食べてみませんか?

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ