生野菜は体を冷やす?

生野菜は体を冷やすから、
ゆでたり、煮たり、蒸して食べるという
話を聞きます。

 

確かに、熱を加えると、野菜のかさが減って
たくさん食べられるという利点はありますが、

 

調理の途中で、ビタミンなどの栄養素が失われることも…

 

そしてなにより、野菜に含まれる酵素は熱に弱いので、
53度以上の熱を加えると、活性力がなくなってしまいます。

 

つまり、加熱した野菜では酵素を摂れません。

 

酵素をとりたいなら、野菜を常温で食べるか、
温めるときには、50度以下の温度にしましょう。

 

酵素は体に良いと盛んにいわれていて、
年齢と共に減るので、積極的にとりたいものですが、

 

生の野菜や果物には、酵素が豊富に含まれています。

 

 

生野菜は体を冷やすどころか、逆に代謝があがって、
血液の循環もスムーズになって、

 

冷えを解消する効果が期待できるといいます。

 

砂糖が大量に入った酵素ジュースを飲むより、
生野菜をたっぷり食べる方がいいですね~(^_^)v

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ