自分の健康は
自分で作る時代です。

これからは、自分の健康は自分で作る時代!

このサイトでは、アンチエイジングやダイエットなど、

若々しく、元気で生きるためのさまざまな情報を提供しています。


わたしは、中学に入ってすぐに膠原病(全身性エリテマトーデス、SLE)と

診断され、ずっと難病と暮らしてきました。とはいえ、山あり谷ありの病状と

上手に付き合いつつ、好きなことを仕事にして人生を楽しんでいます。


食事や生活習慣、サプリメント、自然療法などを活用して、

自分らしいすてきな毎日を楽しんでください。

砂糖は体を緩める

先日、食養生の話を聞きました。

 

最近、砂糖の害はよく耳にしますが
砂糖は体を緩める働きがあるそうです。

 

カロリーが高いとか、虫歯になるとか
表面的なことだけではないんですね。

 

だから、子どもがほしい方は、
砂糖を避けた方がいいそうです。

 

砂糖をどんどんとっていると、体が緩み、
安産しにくくなるとのこと。

 

なかには、流産につながった人もいるとか…(><)

 

そして、電磁波を避けたり、油を控えることも
安産につながるそうです。

 

妊娠中の方は、参考になさってみてくださいね。

 

 

いまは要注意の時期です

11月6日まで、秋の土用期間です。

 

土用は、四季それぞれにありますが、
どれも季節の変わり目にあたっていて、
体調を崩しやすいときです。

 

急に寒くなったり、と天候も不順なので
風邪をひいている人も多いのが実情。

 

特に、土用期間は、エネルギーも不安定なので
気を付けてください。

 

 

お風呂で代謝アップ

代謝を上げるお風呂の入り方というと
半身浴を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

 

わたしも、以前、ダイエットをしていたときに
半身浴をしましたが、時間がかかるのが難点(><)

 

のんびりするのが好きな方にはいいのでしょうが

 

時間をかけられない、という方にお勧めなのが
お風呂に出たり入ったりを繰り返す方法。

 

これは、友人に教えてもらったやり方です。

 

お風呂に3分入ったら、5分出る。

 

それを3回繰り返すと、代謝もアップするそうです(^_^)v

 

わたしも、こちらの方がいいな~と
思ってしまいました(*^_^*)

 

ご自分の好きな方で構いませんが、
ダイエットにもつながるので、やってみたいですね♪

 

 

さまざまな病気の元は…

いきなりですが、たいていの病気の元になるものが
何かご存じですか?

 

それは、炎症です。

 

先日、知り合いの医師から聞きました(*^_^*)

 

酸化すると、体がさびついて老化すると
聞いたことがあると思いますが、

 

酸化も炎症のひとつ。

どこかが、痛んだり、はれたりするのも炎症の現われ。

 

軽いものならそこですみますが、それが発展すると
病気になってしまうという訳です(汗)

 

体内には、軽い炎症がたえずどこかで起きているそうです。

小さな細胞が欠けたり、血液がどろどろになったり…

 

すべてを治療するのは不可能なので、まずは防ぐことが大切!

わたしたちに簡単にできるのは、食べ物です。

• 白砂糖
• 精製された穀物
• 乳製品

これはすべて、炎症を引き起こすきっかけになるそうです。

 

どこかが悪くて治療したり、薬をのんでいても
一方で炎症を作り出していては、なかなかよくなりません。

 

元気な体を保ちたければ、これらの食べ物は
極力減らしたいものですね。

 

 

便利さか、安全性か

いまはたくさん便利なものがあって、
先程もテレビで、腕時計のように身につける
ウエアラブル端末のことを取り上げていました。

 

便利かもしれませんが、安全性はどうなのでしょう?

 

普通のパソコンやスマホなどでも
電磁波の影響が懸念されているのに、

 

直接体につけるのは、いかがなものかと…(汗)

 

ガスより安全だといわれる電磁調理器もしかり。

 

ものすごい量の電磁波なので、妊婦さんは
使わないようにといわれているほどです。

 

便利なものを優先するか、
安全性を優先するのか…

 

ひとりひとりの意識が、健康にも
影響する時代になっていますね(*^_^*)

 

 

 

老化の原因 2

老化は仕方のないことだと思っていませんか?

 

ある程度はそうですが、自分の生活の仕方によって
その速度が変わってくるのをご存じですか?

 

今日は、食べものが与える影響について。

 

昔は砂糖が貴重だったので、普段から
料理に砂糖をたくさん使ったり、
お菓子を毎日食べることはありませんでした。

 

わたしが子どもの頃でさえ、
ケーキを食べるのは、お誕生日とクリスマス。

 

あとは、お客様がきたときぐらいでした。

 

でも、今ではケーキの種類もたくさんあるし
売っている所も増えているし、

 

結構、日常的にケーキやお菓子を食べているのでは?

 

実は、体の糖化は老化の一因といわれています。

 

糖をとりすぎると、体の錆につながるから(汗)

 

糖は砂糖だけではありません。
炭水化物その他にも糖質が含まれているので
気を付けていないと、すぐに糖のとりすぎになるんです。

 

健康のためにも、糖分は控えめにしたいものですね。

 

老化の原因 その1

誰でも、なるべく老化を防ぎたい、送らせたい
と思っていますよね(*^_^*)

 

老化を起こす原因を知っていますか?

 

わたしたちの細胞は、死んでからまた再生して
という具合に生まれ変わっていることは
よく知られています。

 

その再生のときに、完全な形で再生できれば
若いころと同じように、元気な細胞ができますが、

 

年をとってくると、体の機能が衰えたり、さまざまな原因で、
どこかが欠けたり、不完全な形で再生することが増えてきます。

 

そうすると、体のに不調が出たり、
老化として表れるという訳なんです(汗)

 

逆にいうと、細胞が完全な形で再生すれば
若々しいままでいられるんですね~。

 

わたしは、今年のはじめから、
それを促進してくれるサプリを飲んでいます。

外からなにかを補給するサプリとは違って、
体の細胞を活性化することで、元気になる
というコンセプトのサプリです♪

 

サプリではなく、鍼のない鍼といわれる
いわゆる「パッチ」の中にも、それと似たものがあります。

 

良い製品を知ることも、健康維持には大切ですね!

ヘルプマークを知っていますか?

ヘルプマークを知っていますか?

 

義足や人工関節を使用している方、
内部障害や難病の方、または妊娠初期の方など、

 

援助や配慮を必要としていることが外見からは
わからない方々が、周囲の方に配慮を必要としていることを
知らせることで、援助を得やすくなるようにと
作られたものです。

 

都営交通(地下鉄、バスなど)の優先席には
ステッカーがはってあるし、駅にポスターも出ています。

 

ということで、わたしもいただきました^^

 

ヘルプマーク

 

 

 

 

 

 

 

 

これをふりかざすつもりはないけれど、
すごく疲れて優先席に座りたいときなど

 

座っていても変な目で見られないという
安心感がありますね(*^_^*)

 

該当する方は、都営地下鉄の駅などの事務所に
いくといただけます。

 

弱者に優しい配慮で嬉しいですね。

 

 

うつ病を予防するには

先日、テレビでうつ病予防のことを特集していました。

 

簡単にできるうつ病予防としては、
運動するのが良いそうです。

 

運動をすることで、脳が働くので
うつ病になりにくくなるのだとか。

 

激しい運動でなくても、散歩でもよいとのことなので
健康の面からいっても運動を日常に取り入れたいですね。

 

また、以前から聞いていたのですが、食事も大切です。

 

栄養が不足すると、うつ病にもなりやすくなるし

 

逆に、うつ病になってしまったら、
野菜をたくさんとって、栄養バランスの良い食事を
することで、改善につながります(^_^)v

 

 

病院を選ぶとき

患者にとって、病院選びは大切ですね。
特に、重い病気のときにはなおさらです。

 

わたしの場合は、発病当時(まだ難病とはわからない時)
親戚の知り合いがいるということで、今の病院に
かかりました。

 

病歴が長いと、よほどのことがない限り、転院の
メリットは少ないので、はじめに、どこにかかるかが
大切になってきます。

 

昔は、インターネットもなく、情報収集もできないので
今は恵まれているといえるかもしれません。

 

病気別に”名医”を特集している本も出ています。

 

ただ、こういう本もどれだけ本当のことを書いているかは
怪しいと言わざるをえません。

 

というのも、知り合いの膠原病の専門医が
ある本の発売当時、たまたま勤務していた病院が
アルコール中毒に強かったために、
アルコール中毒の名医として紹介されていました(汗)

 

もちろん、アルコール中毒は専門外です(><)

 

他にもこういう例をよく聞くので、その本を作っている
編集部または担当者がどれだけ専門知識をもっているか
きちんと専門家に取材しているかで、

 

本、その他の情報の信ぴょう性は変わってきます。

 

おそらく、専門医にどの先生が名医かと部外者が聞いても
本当のところは話してくれないと思うので
(例えば、そこの教授があまり良くなくても、そうは言いません)
一般に公開されている情報は、あまり信用できないと
思うくらいで、ちょうど良いのではないでしょうか。

 

一番いいのは、信頼できる医師に、その専門分野で優れた
医師を紹介してもらうことです。

 

今は、病院の口コミサイトもあります。

 

ただし、患者さんは医療の善し悪しの客観的な
判断はできないので、

 

あくまで、スタッフの対応やサービスの善し悪しの
参考にしかなりません。

 

大きな病院だと、診察してもらう医師によって
診療内容も対応も、全然違います。

 

それは、長年、身をもって体験してきました(><)

 

例えば、このサイトの虎の門病院の口コミ
見たところ、書いた方はひどいと思われたようです。

 

でも、わたしの父はずっとこの病院にかかっていますが
本人も家族も、とても良い印象をもっています。

 

一人の意見では判断基準にならないし、
あくまで、そういうことがあったんだな、という
参考程度にしかなりません。

 

それに、口コミサイトに書きこむ方の多くは、
不満をもっている方です。

 

とても良いと思っていて書く方もいらっしゃいますが
どうやら、少数派のようです。

 

全員が書いているのなら、良いのか悪いのか比率が
つかめますが、

 

満足している人たちの多くが書いていないとすれば
客観的には判断できないということになります。

 

病院選びは寿命にも関係があるといわれるくらいなので
選ぶときには、専門家の意見を聞くのが一番ですね。

 

そうすれば、内情などもわかります(^^ゞ